Illustrator(イラストレーター)の線幅ツールの使い方!!

今回はIllustrator(イラストレーター)の線幅ツールの使い方を解説していきます。
左右対称のオブジェクトを作成する場合等、様々な使い方ができる便利な機能です。

では解説していきます。
はじめに直線ツールを使用して、直線を描きます。

「線幅ツール」を使用します。

「線幅ツール」を使用し、線の上をドラッグすると、
「線幅ポイント」が生成され、ドラッグの幅分線がふくらみます。
片側の線幅のみ膨らませたい場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながら線幅ポイントをドラッグします。

完成品がこちら

今回はグラス風に作成してみました。
これで完成です。

最後に・・・

今回はIllustrator(イラストレーター)線幅ツールの使い方!!を解説しました。
このように線幅ツール使うことで簡単イラストを作成できたりすることが可能になります。
是非使ってみてください。

投稿者プロフィール

SuzukiKazutoshi
SuzukiKazutoshi
ウェブデザインを始めたばかりの、大器晩成型デザイナーの僕です。
まだまだ学ぶことが多いですが、少しずつ確実にレベルアップしていきますのでよろしくお願いいたします。
今後の活躍に乞うご期待!です。