llustrator(イラストレーター)で文字に立体的な影のつけ方!

イラストレーターの使い方で最低でも知っておきたい基本的な方法を紹介します!
今回は文字に立体的な文字のつけ方について説明していきます。

文字だけだとなんだか味気がないと思ったときに簡単に立体な影を付けることができます。
少し手を加えて手作り感を出したい時に使えます。

文字に立体的な影のつけ方

まずは新規にドキュメント作成し、文字を入力します。まずは新規にドキュメント作成し、文字を入力します。

次に文字にアピアランスで新規塗りを追加します。
それから「効果」から「パスの変形」で「パスの自由変形」を選んでください。

そうすると以下のウィンドがでてきますのでここで形を整えます。

設定後の文字はこんな感じです。
4角をドラッグすると動くので調整してみてください。

設定したものがこちらになります。

上記の影にグラデーションを塗り色つけて完成となります。

完成品がこちら

影のグラデーションに関してはお好みで変えてみてください。

最後に・・・

この影の使い方を覚えることでドロップシャドウ以外にも影のつか方の幅が広がります。
文字になにかもう少しなにか欲しいと思ったとき是非使ってみてください。

投稿者プロフィール

SuzukiKazutoshi
SuzukiKazutoshi
ウェブデザインを始めたばかりの、大器晩成型デザイナーの僕です。
まだまだ学ぶことが多いですが、少しずつ確実にレベルアップしていきますのでよろしくお願いいたします。
今後の活躍に乞うご期待!です。